タイトルは未定

メンタルヘルス・マネジメント検定の備忘メモ

適応障害

適応障害に関する過去問です。

 

Q.  米国精神医学会の診断マニュアルやWHOの国際疾病分類などで定義されている「適応障害」に関する次の記述のうち、最も不適切なものを一つだけ選び、回答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。(第22回メンタルヘルス・マネジメント検定2種)

  1. 重要な生活上の変化もしくはストレスに満ちた生活上の出来事に対する適応の時期に発症する。
  2. 個人の素質や脆弱性は、発症・症状形成に大きな役割を演じているものの、ストレッサーなしには適応障害は発症し得なかったと考えられる。
  3. 症状は、うつ病や不安障害など他の疾病の診断に該当するほどは重篤でない。
  4. 症状は、ストレッサーの発生直後から1ヶ月以内であり、症状の持続に規定はない。

 

 

答え・・・

 

 

A.  4

回答4.  症状は、ストレッサーの発生直後から1ヶ月以内であり、症状の持続に規定はない

× 誤り。

WHOやアメリカ精神医学会の適応障害(adjustment disorders)の定義によると、ストレッサーから1〜3ヶ月以内、症状はストレッサーが消えてから6ヶ月を超えないとされています。※メンタルヘルス・マネジメント検定公式テキスト(第4版)*1より。

正しくは、

症状は、ストレッサーの発生から1〜3ヶ月以内であり、症状の持続は通常ストレッサー消失から6ヶ月を超えない

また、公式テキストによると、「適応(adjustment)」は、受け身的な意味合いを持つ「順応(adaptation)」とは異なり、自らの主体的な働きかけがあることで著しい不都合が生じることなく生活ができることとあります。さらに、その原動力は「環境や周囲の人々からの要請」と「自らの内的欲求」の両方に応じようとするものです。

 これは広義の「適応障害」に通じ、”様々な生活領域(職場、家庭など)において、個人の価値体系に基づいた主体的な働きかけがうまく機能しなくなった結果、身体的・心理的・社会的に不都合をきたした状態” といえるとのこと。

 さらに、狭義の「適応障害」は、先に出たアメリカ精神医学会やWHOの規定する医学的な定義に基づくもので、以下がポイントとして示されています。

  • 重大な生活上の変化もしくはストレスに満ちた生活上の出来事に対する適応の時期に発症する
  • 個人の素質や脆弱性は、発症・症状形成に大きな役割を演じているものの、ストレッサーなしには適応障害は発症し得なかったと考えられる
  • 主たる症状は不安、憂鬱な気分、行為の障害(無断欠勤、けんか、無謀運転など)であり、この結果、仕事や日常生活に支障が生じている。
  • これら症状は、うつ病や不安障害など他の疾病の診断に該当するほどは重篤でない。
  • 発症はストレッサーの発生から1〜3ヶ月以内であり、症状の持続は通常6ヶ月を超えない。

さらにまとめると、狭義の適応障害とは、以下4点になります。

  1. 軽度ではあるものの病的な反応を引き起こし得る強さのストレッサーの存在
  2. ストレッサーに対する個人的な脆弱性や処理能力の問題が推定されること
  3. ストレッサーにより生じているとされる症状は軽度である(他のいずれの診断基準も満たさない)が、正常域は超えた情緒的または行為上の障害を現実に引き起こしていること。
  4. 「ストレッサーの存在 → 個人の脆弱性・対処能力の問題 → ストレス状況(情緒的または行為の障害、これによる社会的機能の低下)」という一連の流れの間に因果関係が認められること(了解できること)

 

 他の回答・・・

回答1.  重要な生活上の変化もしくはストレスに満ちた生活上の出来事に対する適応の時期に発症する。

 ◯ 正しい。

何らかの外的変化に対して自ら変化・調整し対応する(適応しようとする)ときに起こります。つまりその適応がうまくいかない状況で発症します。

 

回答2.  個人の素質や脆弱性は、発症・症状形成に大きな役割を演じているものの、ストレッサーなしには適応障害は発症し得なかったと考えられる。

 ◯ 正しい。

 個人の素質や脆弱性のみで発症する疾病とは区別。また、これにより適応障害の治療では、考え方や行動などを変えるトレーニングをすることも含まれます。

 

回答3.  症状は、うつ病や不安障害など他の疾病の診断に該当するほどは重篤でない。

 ◯ 正しい。

 うつ病や不安障害など、他の疾病の診断で当てはまらないことが診断の一つの条件。どの疾病でもないけども生活に支障をきたし、正常ではないであることが一つの特徴。何だかじゃないほう芸人的で、それなら軽い病気なのかという印象がありますが、自殺企図が認められるケースも少なからずあるそうで軽く見ることはできません。

 

 

 関連記事

 

omanjman.hatenablog.com

 

omanjman.hatenablog.com